味付のり 焼海苔、工場直売 自社製造 厳選原料で美味い海苔を工場より直送致します。
海苔なんて、どこで買うても同じ?それやったら いっぺん買うてくださいローカルのり屋で海苔三昧

海苔の意外な栄養バランス 成分
成分表は こちらから
海苔の意外な栄養バランス
こちらの表は、可食部100gに対しての表ではございますが、皆さんがご存知の市販されております海苔は、
1枚の(全型約21cmx19cm)重さは約3gです。
1回の食事に食べる量は、お肉や穀物の量に比べて 僅かな量ですが、海苔1枚で以外に大切な栄養源を 摂取できる食品です。
タンパク質では、海苔1枚で、牛乳5分の1本分、卵は、 5分の1個分のタンパク質を含んでします。
タンパク質で大切なアミノ酸も多く、大豆や米などに ついで良質のタンパクを含んでおります。
ビタミン
海苔の成分の中で、以外に世間に一般に知られていない のが、ビタミンの種類と含有量です。
ビタミンA,B1,B2,Cなどは、他の食品と比べると 沢山含まれております。
A,B1,B2,は、1日2枚の海苔で毎日の必要量が、 確保できるそうです。ビタミンAは、海苔1枚で卵約1個分
牛乳350cc,にんじん10gのビタミンAが摂取できます。
ビタミンCも野菜や果物に匹敵するものがあります。
海苔のビタミンCは、長期保存がきくと言う利点と普通 ビタミンCは、熱に弱く簡単に破壊されやすいですが、
海苔のビタミンCは、熱に強いと言うことです。
焼海苔でもビタミンCは、摂取できると言うことですね。
カロテン
カロチノイド色素のうち レチノールと同様の活性を有する。
プロビタミンAとしてのαカロテン、βカロテン、クリプトキンチン等がある。
βカロテンは、植物性食品に主として含まれる。
カロテンは、プロビタミンAとしての作用の他に 抗発ガン作用及び免疫賦活作用が知られている。
その他
海苔は、ヨウ素が(I)が 食品の中で 最も多い部類に含まれます。
ヨウ素は、甲状腺ホルモン(チロキシン)の成分です。
成長期に(特に子供)の発育を促進し、成人では 基礎代謝を盛んにしてくれます。
海苔は、素晴らしい栄養素を持った食品です。 1枚でも(3g程度)で、沢山の栄養素を持っています。
しかし、この素晴らしい 栄養素を海苔だけで補うのではなく、沢山の食品と組み合わせが、
現代、欧米化の 食生活から、バランスの良い食生活に変わって行くのではないでしょうか。
成分表は、こちらから
保存のポイント!
海苔の大敵は、湿気です。事実海苔屋も湿気に一番気を使っています。
当社でも、雨の降ってる日には、あまり味付加工は行いません。 空気中の湿気(水分)晴天時とかな違うからです。
ご家庭で海苔の保存は?と聞かれると、
「とにかく、袋(缶等)を開けたら、閉める必ず閉める」です。
業界でも、同じ事です。耳にたこができるほど口やかましく聞かされました。 ご家庭でも、密封することが原則です。
そして、冷蔵庫等で保管されることをお勧めします。
なんで?冷蔵庫なん?
冷蔵庫内は、空気が中の水分が凍っていて乾燥しているからです。
食パンなど袋に入れて密閉が甘かった時に、パンがパサパサになってしまうでしょ。
いくら冷蔵庫に入れたら安心ではなく、必ず乾燥剤を入れ、密閉して下さい。
ココからが、ポイント!
意外と皆さんが知っておられないのが、このポイント!
冷蔵庫から出して直ぐにお使いになるのではなく、袋等の密封したまま 海苔が常温に戻るまで待ってください。
これは、ポイントです。
何故なん?
冷蔵庫で冷やされ、乾燥した海苔が、常温の湿気のある所にイキナリ出されると、
一気に乾燥していた海苔が、空気中の水分を吸収してフニャフニャになってしまいます。
あっという間にフニャフニャになってしまいます。一度試してください。あかんあかん。
密封させて冷蔵庫等で保存し、常温になった海苔を必要分だけ取り出しお使いして頂くのが、
美味しく食べて頂けるポイントではないでしょうか!


保存のポイント!
海苔の保存のポイントを簡単にまとめてみました。ココクリックです。

Top Page>>