味付のり 焼海苔、工場直売 自社製造 厳選原料で美味い海苔を工場より直送致します。
海苔なんて、どこで買うても同じ?それやったら いっぺん買うてくださいローカルのり屋で海苔三昧

保存のポイント

保存のポイント!

海苔の大敵は、湿気です。事実海苔屋も湿気に一番気を使っています。

当社でも、雨の降ってる日には、あまり味付加工は行いません。 空気中の湿気(水分)晴天時とかなり違うからです。

ご家庭で海苔の保存は?と聞かれると、

「とにかく、袋(缶等)を開けたら、閉める必ず閉める」です。

業界でも、同じ事です。耳に、たこができるほど口やかましく聞かされました。 ご家庭でも、密封することが、原則です。

そして、冷蔵庫等で保管されることをお勧めします。

なんで?冷蔵庫なん?

冷蔵庫内は、空気の中の水分が凍っていて乾燥しているからです。

食パンなど袋に入れて密閉が甘かった時に、パンがパサパサになってしまうでしょ。 いくら冷蔵庫に入れたら安心ではなく、必ず乾燥剤を入れ、密閉して下さい。

ココからが、ポイント!

意外と皆さんが知っておられないのが、このポイント!

冷蔵庫から出して直ぐにお使いになるのではなく、袋等の密封したまま 海苔が常温に戻るまで待ってください。これは、ポイントです。

何故なん

冷蔵庫で冷やされ、乾燥していた海苔が、常温の湿気のある所にイキナリ出されると、 一気に乾燥していた海苔が、空気中の水分を吸収してフニャフニャになってしまいます。

あっという間にフニャフニャになってしまいます。一度試してください。あかんあかん。

湿ってるいる海苔を乾燥している海苔を一緒に保存しないで下さいね。 乾燥していた海苔に湿気が移ってしまいますお気を付け下さい。 袋から出した海苔は、使い切るのが原則です。

密封させて冷蔵庫等で保存し、常温になった海苔を必要分だけ取り出しお使いして頂くのが、 美味しく食べて頂けるポイントではないでしょうか!

海苔屋が 選んだ 保存容器

海苔の全型の大きさで、袋ごと 入れられる容器を 見つけました。

保存は、この容器に 入れるだけ。

どんな??容器か?→→→→→→→→ 保存容器入口

Top Page>>